KISETSU 絨毯日記

..........................from kyoto and china carpet diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゼブララグ

我が家のリビングです。
ゼブララグ
絨毯は5.6年ほど前デザインをして作ってもらったオリジナルのウールの手織です。
(手織絨毯もオリジナルが作れます。手織なので時間はかかりますが・・・)
ゼブラ柄、正解でした。季節ごとにしつらえを変えるのですがどんな色にも合いやすいのです。
また、ライトグレー×チャコールグレーの色彩は明るいのに汚れが目立ちにくい。

そして、これががウールの手織絨毯のすごいところだと思うのですが、
ホームパーティーのあとのタバコのこげや、ワイン、コーヒー、食べこぼしも
次の日にきっちり拭けばほとんど目立たなくなるのです。
しばらくホームパーティーをしていないなと思って絨毯を見ていると。。。
うすく残っていた汚れが以前より目立たなくなっているようなのです。

そこで、ふと先日堀田カーペットさんでお聞きした話を思い出しました。
「ウールのカーペットの汚れを取るのは8割位にしてしてください。
後の2割はウール本来の力で徐々に目立たなくなってきます。」
いきなり全てを取ろうとすると、パイルを傷めてしまうのです。

納得です。
ウールの手織じゅうたんは、やさしくお手入れをしていると何時までもきれい。
それどころかだんだんパイルがつやつややわらかくなってきます。
お手入れ簡単、床暖OK、丈夫で長持ち、おすすめです。



スポンサーサイト
  1. 2010/04/06(火) 14:10:47|
  2. 絨毯作り京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kisetsu kyoto

Author:kisetsu kyoto
京都でインテリアテキスタイルのデザインをしています。
絨毯作りの日々の様子をつれづれに書いていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
絨毯作り京都 (1)
絨毯作り中国 (7)
展示会 (10)
絨毯いろいろ (5)
物づくり (3)
京都 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。