KISETSU 絨毯日記

..........................from kyoto and china carpet diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年のチャイナフロアー

ただいま、春節真っ只中の中国。
中国国内は、好景気で、京都にもたくさん観光にいらっしゃっているようですが、
私たちを取りまく中国環境は悪くなる一方。

この値段でと注文を入れても、出来上がってくる頃には値段が上がっていたり、
納期がまったく予定通りに行かなかったり、大変なようです。
手織絨毯などの織り手さんがもっと割りの良い仕事に行ってしまうらしく、
作ってくれる人の確保がまず難しい状態。

私たちのデザインも、規格的にはまったく問題なく織れるはずなのに、
織り下絵を描いてもらうとものすごくデザインをはしょられて、大味にされて、
修正依頼しても変わらず、制作を断念した工場もありました。
手の込んだデザインを織るのを織り手さんが嫌がって引き受けてくれないのだそうです。
(織り手さんは、難しくても簡単でも一枚織ったら幾らもらうという契約なので)

話によると、大学を出て働く人は楽なホワイトカラーを目指す人が多くて飽和状態。
工場で働く工員さんはなり手が少なく、大学出の人より給料が良くなって来ているとか。
ほんとに、どうなっていくんでしょうね。

そんな中、今年もチャイナフロアーが3月22日~24日に上海で行われます。
私たちが、去年の夏仕込みに行った手織絨毯たちのお披露目です。
そろそろ展示の準備も開始です。

わが子たちが、どんな風に仕上がってくるのか楽しみなような不安なような・・・


スポンサーサイト
  1. 2011/02/10(木) 20:37:28|
  2. 展示会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とうとう日本上陸!!

ゴールデンウィークも終わってやっと暖かく(暑く?)なってきました。

上海の展示会から一ヶ月あまり、
KISETSUコレクションの新作が日本にやってきました。

神戸のメイワインターナショナルさんの展示会で
上海の展示会に出ていたもの全部とはいえないですが、かなり多く展示されます。

また、私たちがヨーロッパで出会ったベルギーのメーカーの新作も。

ぜひぜひ見に行ってみてください。

201004_16_49_c0194849_1045298.jpg


メイワインターナショナル“Autumn and Winter Collection 2010 

神戸市東灘区向洋町6丁目9番地
神戸ファッションマート5 F 5W-08
TEL.(078)856-7311

5月11日(火)~13日(木)
9時30分~17時30分


  1. 2010/05/07(金) 10:03:02|
  2. 展示会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DOMOTEX asia 2010 「KISETSU collection 2010」発表

3月23日~25日の3日間、中国上海でDOMOTEX asia 2010が開催されました。
私たちの携わっている KISETSU collectionも新作を発表しました。

会期中、国内外たくさんの方のご来場をいただきました。
ありがとうございます。

今年の私たちのブースは、モノトーンというか落ちついた色合いの絨毯が多かったので、
ナチュラルカラーにあわせるとやさしく優美な印象になる薄紫色の壁が新鮮でした。

P1050705.jpg

P1050708.jpg

KISETSU collectionもこれで3年目。
私たちエムプラスが京都でデザインし、北京吉川佳工易有限公司が中国で絨毯を作る、
私たちが工場まで出向き、そこで商品作りの打ち合わせを一つ一つ行う取り組みです。
今年は、シルクの商品や日本のインテリアにあわせやすい、
ナチュラルカラーのやさしいイメージの色使いのものを作りました。
また、好評のJAPAN BLUE、RIKYUシリーズも新柄を作っています。

今年は、上海在住の先輩O氏の一言で目からうろこが落ちる思いをしました。
「このブースは、日本人のデザインを中国で丁寧に作っていることが大切なのだから、
そのことを、ちゃんと中国語でと英語で書いて貼らないと誰にも分からないよ。」
そういえば、なんかこのブース雰囲気が違うと眺め来る人はいるけど、
今一歩話が進みにくかったのは、一番の売りが分かってもらえてなかったからかも。。。
と、あわてて、英語と中国語で説明文を作りました。

当たり前と思っていた一番大切なことを知らせることが出来ていなかったのです。

遅ればせながら、効果ははっきりありました。
目に見えてヨーロッパや中国のお客様との商談が活発になったのです。

私たちの商品をより分かってもらうために何をすべきか。。。
物を作ることだけでなく、まだまだすべきことがあるのだと痛感しました。


  1. 2010/03/29(月) 14:24:36|
  2. 展示会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

DOMOTEX asiaの準備中

早いもので、三月に入ってしまいました。

3月といえば上海で行われるDOMOTEX asia 2010。

今年は3月23日(火)から25日(木)です。

私たちのデザインした「KISETSU collection」の新作もお披露目されます。
今、その準備でおおわらわです。

2010ハガキ表アウトラインのコピー
私たちのブースの案内状です。
今年はHALL3 3B04の場所。
去年より、会場の真ん中に近づいてます。

今年は従来からやっている、草木染混のものや、チベット織りの高段数のものに加え、
バーバー色のものやシルクのもの、ヤクベースにポイントにシルクを入れたもの、
フックで作ったものと、いろいろな趣向で作ってきました。

出来上がりを見てきたN氏も手ごたえ十分な様子。

後、2週間あまり。
がんばります。


  1. 2010/03/04(木) 12:47:26|
  2. 展示会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メゾンエオブジェで出会ったラグ

初めて行ったメゾンエオブジェはものすごい規模でほんとに一日では廻れませんでした。

ここに行けば、家の中にあるもの全てそろうって言う勢い。
台所用品も、ベッド周りも、リビングも、子供部屋も、食器も、アートも、他にも。。。

春夏コレクションなので、いつか秋冬も見てみたい♪

そんな多量なものたちの中、気になったのがこのブース。

ハイム2
タイのチェンマイの会社で、
アパレルの工場から出るジャージー等の布を基布に縫い付けて作られたラグやクッション。
タイ政府からも援助を受けて研究をしているらしく、
その関係で、日本のグッドデザイン賞も取っているそう。

ハイム1
清潔感があって、くるりとまるまるテクスチャがユニーク。
温かみのある素材感なのに、クールでモダンな顔つきが気に入りました。

マダムの緊張しつつウレシそうな表情とともにステキなブースでした。

  1. 2010/02/09(火) 18:45:36|
  2. 展示会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kisetsu kyoto

Author:kisetsu kyoto
京都でインテリアテキスタイルのデザインをしています。
絨毯作りの日々の様子をつれづれに書いていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
絨毯作り京都 (1)
絨毯作り中国 (7)
展示会 (10)
絨毯いろいろ (5)
物づくり (3)
京都 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。