KISETSU 絨毯日記

..........................from kyoto and china carpet diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

龍の絨毯

先日のセラフィアンに続き、我が家のお気に入りです。

龍のチベタン
レモンイエローベースの龍のチベタン。
お座布団サイズの小さな絨毯です。
龍のちょっととぼけたようなユーモラスな表情と、
レモンイエローとライトブルーの爽やかな色彩が気に入ってます。
和室の机の上に、卓上布の変わりに置いています。

大地の恵を感じる、力強い素朴さが魅力。

これは一昨年前にのるぶりんかラグさんから購入したもの。
のるぶりんかラグさんはチベットで織られた絨毯だけを扱っていらっしゃる絨毯やさんです。
チベット絨毯を通じて、チベットの抱えるいろいろな問題が解決に向かうよう活動をされています。

伝統的な文化を守っていけるよう、私たちも意識していかないと・・・と思います。






スポンサーサイト
  1. 2010/09/08(水) 11:44:10|
  2. 絨毯いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家のお宝

ある物件の準備でマリコサンは今、ウールカーペットの特性を調べています。
染色性や、強度、防虫のことなど・・・話しているうちに、
大事にしまっている我が家のウールのお宝のことがふと気になってきて、
虫干しがてら、しばらく出しておくことにしました。

セラフィアン
会社にいるときにイランに行って、工房で直接買ったセラフィアンのドザール。
セラフィアンはイランの有名な工房の名前。
ドザールはサイズの名前で、200×135cm前後のサイズの呼び方。
ペルシャ語で、「ザロ」は1メートルに近い長さを表して、「ド」は2を表します。
ドザールは約2メートルの長辺を持つ絨毯のサイズという訳。

「出来が良いペルシャ絨毯は真ん中のメダリオンとボーダーの中心があっているもの。
カーペットの上下の長さが同じもの、後は出会ったお気に入りを買うのが正解だよ」
と教わって、たくさんの絨毯の中から選んだお気に入りです。
赤いメダリオンの中のブルーが効いていて、
良いバランスの白地の中に、唐草がきれいにぐりぐりまわっていて、
花などのモチーフが心地よく配置されているのが気に入ってます。

ペルシャ絨毯10×10
裏返してみると・・・こんなに細かかったっけ。
規格は「10×10」
1センチの中に10粒づつパイル糸が織り込まれているという意味。
さまざまな色に染められたウールの細い糸で文様が織り込まれています。

ペルシャやトルコの絨毯は1cmに何粒入っているかが規格の基準なので、
「8×8」とか「15×15」などと呼んで、数字が大きいほど細かい規格。
トルコのヘレケ絨毯の「18×18」というのを見たことがありますが、
シルクの本当に細かく繊細な絨毯で、小さな額に仕立てられていました。
一方、中国絨毯は、1尺(約30cm)に何粒入っているかが規格の基準。
90段、120段などと呼んで、これも数字が大きいほど細かい基準。

単位が違うので両方の規格を比較するのは分かりにくいのですが、
「10×10」は300段とだいたい同じくらいと思って良いのかな。
そう思うと、私のお宝は、やっぱり細かい絨毯だな。
大事に一緒に年をとって、ステキなアンティークになって行きましょう。






  1. 2010/08/31(火) 16:04:21|
  2. 絨毯いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手織絨毯の風合い、織り方によってこんなに違います。

一週間の手織絨毯試作指示行脚から帰ってきました。
いろいろあった珍道中の模様はaistudio weblogで随時お送りいたします。

一言で手織絨毯といっても素材、織り方などさまざまです。
このことはもっと詳しくいつか書こうと思っていますが、
今回は、ちょうど同じデザインを違う手法で作った
サンプルが出来ていたので違いを見てみます。

チベットと草木染
手前が、手紡ぎの草木染のオープンバック、奥がチベット織りです。
両方とも中国ウール100%。

奥のチベット織は棒に巻きつけて織る、織りの手法のため、
折の粒数に合わせて描いたデザインがずいぶん単純化されています。
特に縁と、真ん中の模様はかなりシンプルな表現。
それに比べると、オープンバックは粒数どおりの細かい表現が出来ています。

それぞれアップで表情の違いを見てみると・・・

チベット織
チベット織は、後加工のマーセライズによって、
一本一本の糸が細くなって柔らかい風合いになっています。
また、右のほうはカービングによって模様を浮き上がらせています。
どの部分をカービングするかによって絨毯の表情が変わります。

草木染
手紡ぎ、草木染のアップ。
粒感のある表情。むっちりとしたボリューム感があります。
手紡ぎの糸の素朴な感じが魅力です。

今回、KISETSU collectionは繊細な感じ、ボリュームのある感じとデザインに合わせて
4つのクオリティーで作ってもらいます。
出来上がってくるのは、早いもので11月くらい。
どんな感じに仕上がるか、楽しみです。





  1. 2010/08/20(金) 19:25:12|
  2. 絨毯いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

工場見学~バルタ

先日のヨーロッパツアーで、ベルギーのウィルトン会社、BALTAの工場を見せていただきました。
今回は、アントワープから車で1時間のところにある、
主力のポリプロピレン素材のラグの工場を訪れました。

バルタ

ベルギーには大きなウィルトンメーカーがたくさんあったのですが、
昨今の振興国メーカーの台頭で多くのメーカーがつぶれたそうです。
でも、最近ベルギーのメーカーの製品の完成度の高さが見直され、
今年は「早く注文をもらわないとシーズンに間に合わないよ」
といわれるほど注文が増えたそうです。
バルタ1
VISITORのベストを着て、耳栓をつけて工場内に(工場内は撮影禁止)

この工場では、ポリプロピレンの糸を作るところから、
製品を出荷するところまで一貫生産されています。

ベルギーは日本より福祉が充実した国なので、その分人件費が高いそうです。
なので、いかに人の仕事を減らすかが、損益の鍵になるらしく、
あらゆることがロボット化、オートマチック化されています。

でも、省力化しているわけでなく細かいところまで
美しい仕上がりにするために各工程ごとに、
きっちり行き届いた目配り(センサー配り)がされています。

一緒に行ったN氏によると、新興国の工場のラインと何が根本的に違うかといえば、
たとえば、BALTAではラテックスの乾燥のラインがしっかり長く取られているのに対し、
新興国のラインでは乾燥のラインはその1/3ほどしかなかったとか。

ぱっと見たときのパイルの織り込まれ方は一緒でも、
製品にするために込められたこだわりで商品の出来は大きく変わるのです。

良いものをお客様に届けるため、手を抜かず、しかし効率化はする。
ものづくりを仕事にしている上で、いつも考えなければいけないことだと思いました。

BALTA
オランダ語です。




  1. 2010/04/14(水) 17:07:46|
  2. 絨毯いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きている?ウールカーペット

引き続き堀田カーペットさんのお話

堀田カーペットさんは真摯にものづくりをされているウィルトンカーペットメーカーです。
社長さんはウールの伝道師として業界では知らない人はいないという人物。
ご自宅の部屋は全て製造されたウールのウィルトンカーペット敷きというこだわりよう。

先日その絨毯御殿にお邪魔させていただきました。
夜遅くというのに笑顔で迎えてくださった奥様と愛犬とも君。
ミニチュアダックス(ちょっと大きめ)のとも君はお客様大好き!!
と飛び跳ねつつお漏らしししつつ歓待してくれました。
奥様はそれをティッシュでちょんちょん拭きながら案内してくださいました。

ひとしきり案内していただいて改めて感じたのは、しっかりしたウールカーペットのすばらしさでした。
敷かれて10年以上たつというのにふっくらした踏み心地があり、まったく古さを感じません。
そして、とも君がいることどころか、社長のご家族の生活のにおいすら感じないのです。
それよりなんというか、清涼なすがすがしい空気に、家全体が満たされているようでした。
ウール本来の力、空気の浄化効果がしっかり効いているのです。
仕事柄、ウールの良さを語るのはお任せあれと思っていたのですが、改めて実感しました。

ウールは生きてます。やっぱり。


ウールカーペットのすばらしさをもっとお知りになりたい方はぜひこちらへ。
ガッツリ語って下さいます。
堀田カーペット株式会社


  1. 2010/04/07(水) 10:04:03|
  2. 絨毯いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kisetsu kyoto

Author:kisetsu kyoto
京都でインテリアテキスタイルのデザインをしています。
絨毯作りの日々の様子をつれづれに書いていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
絨毯作り京都 (1)
絨毯作り中国 (7)
展示会 (10)
絨毯いろいろ (5)
物づくり (3)
京都 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。