KISETSU 絨毯日記

..........................from kyoto and china carpet diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雲の上のじゅうたん展が行われました。

先週の金曜日から日曜日まで、鷹峯で雲の上のじゅうたん展が行われました。
私たちも三日ともお手伝いに行っていました。
最終日の日曜日の朝はものすごい雨でしたが、
そのほかは日曜日の午後も含め、良い天気に恵まれました。

鷹峰の京都の街を見下ろす絶景のパノラマが広がるヘリポートにぴったりの、
イランの遊牧民によって織り上げられた、ギャッベという絨毯を展示。
来ていただいたゲストには、福村さんの心づくしのお料理と飲み物が振舞われました。
お料理はこのロケーションにぴったりの三品。

●薪オーブンで焼いたラムとチキンのローストポテト添え
●鴨のラグー入りペンネのクリームグラタン
●スパゲッティー二のブッタネスカ

良いお天気の中、屋外でいただくイタリアン・・・至福のときでした。

会場の様子はこんな感じ。
雲の上のじゅうたん展1
鷹峯の中腹、京都の街を見下ろせるぺリポートにブルーシートを敷いて、
その上にブワーと絨毯を敷き詰めた様子はイランの遊牧民の生活を思わせる迫力。
雲の上のじゅうたん展2
屋内展示では遊牧民の写真パネルも置いてあって、
どんな風にこの絨毯たちが出来上がってきたのかが分かりやすい。

ライオンラグ
私のお気に入りの一枚「ライオンラグ」
アンティークのもので二頭のライオンの肩越しに猿が織り込まれています。
シンメトリーがきれいなのと、とぼけた感じが気に入りました。

手織絨毯は、一点もの。
産地の織り手さんによって1結び1結び丹念に織って作られます。
値も張りますが、お気に入りの一枚に出会ったときには、
日々の暮らしの中に是非仲間入りさせてあげてください。
ちょっと嬉しく、幸せな気分になりますよ。





スポンサーサイト
  1. 2011/05/26(木) 13:44:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kisetsu kyoto

Author:kisetsu kyoto
京都でインテリアテキスタイルのデザインをしています。
絨毯作りの日々の様子をつれづれに書いていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
絨毯作り京都 (1)
絨毯作り中国 (7)
展示会 (10)
絨毯いろいろ (5)
物づくり (3)
京都 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。