KISETSU 絨毯日記

..........................from kyoto and china carpet diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手織絨毯の価値ってなんなんでしょう

高段数の手織絨毯を売るときの決まり文句
「これだけ細かい絨毯になると、
指が細くて目の良い、若い織り娘さんじゃないと織れないんですよ」

ま、ほんとは細かいのなんて腕の立つベテランさんじゃないと織れないんですけどね。
おじ様たちの夢を壊すのも売り上げに響きそうです。
でも、その夢も破られるときがやってきたようです。

先日、夏に仕込んだKISETSU collectionの出来を見にN氏が中国に行き、
その報告に来てくださったときのお話。

「中国のシルクの手織絨毯の工場の機械化が始まった。
鎮平(シルク段通の大きな産地)の工場には100台単位でその機械が入っている。
手織絨毯とは違う名称を考えないといけない。
ドイツの展示会でも高段数のシルクでもの不自然に織り目がきれいなものが出ていたから
きっとそれも機械化手織段通だと思う」

手織絨毯は織り手さんたちが、一目一目縦糸にパイル糸を結んで
一段結んだらそれを横糸で織り締め作っていきます。
織り手さんは、その一目一目縦糸にパイル糸を結ぶのが指が痛いし嫌だ!!!
といって、どんどん居なくなっていき、工場も困っていたのです。

そこで救世主の機械化。

まず、人の手で、一段分のレールに着いた針穴に、柄に合わせて一目ずつパイル糸をセットします。
それを縦糸を張った織り機にもっていき、レールの針がパイル糸を縦糸に8ノットで結び付けます。
横糸を通して人の手で織り締めます。一段完成。レールの糸を入れ替えて次の段の準備。
一段分はセットされているので、必要枚数はそのセットで量産できます。

とはいえ、ほとんど手作業だし、生産性もさほど上がらず、値段も下がらず。
そしてレールにセットした糸の配置が間違っていたら、
間違った絨毯が量産されてしまう。良いことがあんまり見つからない。
ただただ、織り手さんの指が痛くない。

ここでふと考えるのですが、
こうして出来た絨毯は手織とは言いにくいですけど、出来たものは手織とまったく同じ。
ラテックスも使ってないし、裏張りもしていない。柔らかい風合いも同じ。
手織絨毯というものの価値を、
出来た物に求めるのか、
手織という工程に求めるのか、
手に取るお客様は何に価値を、良さを求めているのでしょうか。

中国では、シルクの手織段通はだんだんこの製法が優勢になるそうです。
いつか、「最上級の絨毯はパイル糸も手で縦糸に結ぶんですよ」
なんてお客様に言うようになるんでしょうね。


スポンサーサイト
  1. 2011/02/26(土) 20:13:29|
  2. 物づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<告知「雲の上のじゅうたん展」 | ホーム | 今年のチャイナフロアー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kisetsukyoto3737.blog119.fc2.com/tb.php/36-1235f0ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kisetsu kyoto

Author:kisetsu kyoto
京都でインテリアテキスタイルのデザインをしています。
絨毯作りの日々の様子をつれづれに書いていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
絨毯作り京都 (1)
絨毯作り中国 (7)
展示会 (10)
絨毯いろいろ (5)
物づくり (3)
京都 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。